2024-2025年度会長  福田 隆一

運営方針書2024-2025

  1. 会長

    太宰府ロータリークラブ会員の皆様、2024ー2025年度の会長として ご挨拶を申し上げます。
    1977年5月11日のクラブ創立以来、47年の長きに亘り、ロータリー活動に 邁進してこられた先輩諸兄に敬意を表しますとともに、現在、地域で活発な 活動を行なっておられる皆様とご一緒に、太宰府ロータリークラブの一員として 活動することの責任と誇りを継承できることに感謝いたします。
    私は、毎週の例会で、会員の皆様にお会いして、いろいろなお話をお聞きする ことが このうえない楽しみであり、また大いなる喜びでもあります。
    ですから、今後も皆様に「火曜日の例会が待ち遠しい」と思って戴ける クラブ運営を行いたいとの思いでいっぱいです。
    そこで、今年のテーマは「嬉し、楽し、誇らし」とさせて戴きました。
    毎週の例会に参加するのが 嬉しくて! 楽しくて! 仕方ない、 また、太宰府ロータリークラブの会員であることが誇らしい! そう感じていただけるクラブであってほしいと強く願っております。
    私は微力ではありますが、私たちの太宰府ロータリークラブが更に発展します よう、誠心誠意 務める所存でございます。
    どうか皆様には、お力添えを戴きますようお願い申し上げまして 私の会長就任のご挨拶とさせていただきます。

    《入会のご案内はこちらをご覧ください》
    《入会前によくいただくご質問をまとめました。Q&A

    活動

東京2020パラリンピック 金メダリスト道下美里さんへ、パラリンピックで応援した時の応援横断幕を贈呈しました。

留学生

東京2020パラリンピック女子マラソン金メダリストの道下美里さんに、パラリンピックで応援に使用した横断幕(太宰府高等学校作成)と、私たちに勇気と感動を与えていただいた記念の祝い幕(筑陽学園高等学校作成)を太宰府ロータリークラブの例会場において贈呈されました。

東京2020パラリンピック女子マラソン代表選手の道下美里さんへ 7,000枚の応援メッセージを届けました

留学生

東京2020パラリンピック女子マラソン代表に内定している太宰府市在住の道下美里さんを励まそうと激励会を開催しました。
道下選手は2700地区の福岡中央エンジョイロータリー衛星クラブ(福岡中央RC)に所属しているロータリアンでもあります。
世界記録保持者でもある彼女はこの大会での金メダル取得に向けて、トレーニングに励んでいます。
私たちは、この事実をもっと多くの地元の方々に伝えて、一緒に応援しようと「道下選手に応援メッセージを届けよう!」という事業を企画しました。
応援メッセージは、太宰府市内の小学校・中学校・高等学校等の子供達、第2700地区の全クラブの会員他、多くの団体にご協力をいただき、計7,000枚を集めることが出来ました。
4月23日に開催した道下選手本人を招いての激励会では、全メッセージを会場の太宰府市総合体育館(とびうめアリーナ)に掲示し、メッセージの朗読、ビデオメッセージの紹介、高校生からの激励の言葉、地元の「南ん子太鼓」のみなさんによる和太鼓の激励演奏などを披露させて頂きました。
また大会組織委員会会長や担当大臣らからも温かいメッセージを頂戴いたしました。
コロナ禍で閉塞感がある環境の中、厳しいトレーニングを続け努力している道下選手の事を伝えることで、地元の子供達や地域の方々に、明るい希望と元気を届けることが出来たと思っています。

国際奉仕

曲水の宴 留学生

〇国際的なプロジェクトでボランティアをしたり、海外のパートナーとの協同活動を通じて、平和と相互理解を推進しています。

・太宰府天満宮で開催される曲水の宴に招待し、日本文化を体験していただいてます。
・世界からのからの留学生を受け入れ、会員宅にホームステイし交流を深めています。

社会奉仕

清掃活動 しゃくなげ植樹祭

             

〇地域の人びとの暮らしを豊かにし、より良い社会づくりに貢献しています。

・クリーンアップ大作戦として、年に1回清掃活動を行っています。
・竈神社のシャクナゲ植樹祭に参加し、自然を守る活動を行っています。

青少年奉仕

インターアクト インターアクト

〇インターアクト、 ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)などを通じて、青少年や若い世代の社会人がリーダーシップ能力を伸ばせるよう支援しています。         

・インターアクト[筑陽学園高校]
・ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)[会員企業の若手社員]

職業奉仕

健康例会 職場訪問

〇すべてのロータリアンが倫理と高潔さをもって仕事にあたり、職業の知識やスキルを社会のニーズ解決のために進んで役立てています。

・例会において四つのテストを唱和しています。
・健康例会の開催 
 講師を招き、体操や健康に関する講話を行っています。
・職場訪問例会の開催(企業見学)
 企業を見学し理念を学び会員の企業に活かしています。


 ※四つのテスト 
  言行はこれに照らしてから
   1.真実かどうか
   2.みんなに公平か
   3.好意と友情を深めるか
   4.みんなのためになるかどうか
原文
THE FOUR-WAY TEST Of the things we think, say or do
1) Is it the TRUTH?
2) Is it FAIR to all concerned?
3) Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS?
4) Will it be BENEFICIAL to all concerned?

会員交流

交流 交流

           

〇活動を通してクラブメンバー、そして世界中のロータリアンと交流を深めています。

・夜間例会(懇親会)
・友好クラブとの交流(奈良大宮RC)
・年末家族懇親会
・3クラブ合同例会(小郡RC・鳥栖RC)
・同好会(ゴルフ・写楽の会)

米山記念奨学会

米山留学生

〇ロータリー米山記念奨学会は、勉学、研究を志して日本に在留している外国人留学生に対し、日本全国のロータリアン(ロータリークラブ会員)の寄付金を財源として、奨学金を支給し支援する民間の奨学団体です。

当クラブでは、今までに多くの留学生を支援してきました。
留学生は大学を卒業し、それぞれの自国や日本で活躍しています。

活動の記録

週報

入会のご案内

入会

春日市・大野城市・筑紫野市・太宰府市・那珂川市を中心としたメンバー48名(2020年7月現在)で活動しています。
ロータリーを詳しく知りたい方はロータリーのホームページをご覧ください。
ご入会希望、例会の見学、詳しいことをお聞きになりたい場合は、太宰府ロータリークラブ事務局092-928-0876へご連絡ください。

《入会前によくいただくご質問をまとめました。Q&A

入会希望申込フォーム

会員へのお知らせ

お知らせ

ページの先頭へ