米山奨学生

2020年8月18日 
リジャルキラン君が、米山記念奨学会九州学友会会長に就任しました。

オフィス

当クラブの米山奨学生のネパール出身のリジャルキラン君が、米山記念奨学会九州学友会会長に就任しました。
九州の260クラブある中で太宰府ロータリークラブ出身者が選ばれたことは、大変名誉なことであります。
リジャルキラン君は、子供の頃は電気もないネパールの田舎で育ち「ネパールの電気事業を発展させたい」との思いで日本にやってきました。
日本語も解らずアルバイトをしながら苦学し努力の結果、ロータリークラブ米山記念奨学生になりました。
お世話いただいた用松カウンセラーはじめ太宰府ロータリークラブ会員の皆様のご指導で多くを学び、目的であった電気事業の会社に就職し、将来は母国ネパールの発展に貢献するために、力を蓄えておられるのではないかと思うところです。

日本はじめ、世界の各国に米山学友会がありスリランカやモンゴルでは大統領候補もいます。
世界中で活躍している、米山奨学生の今後の更なる活躍が楽しみなところです。
そして、世界で活躍する米山記念奨学会学友会世界大会が太宰府の地で開催されることを願うところです。
世界で活躍する米山奨学生の夢と希望のある将来を期待しましょう。

<米山奨学会委員 今村次美>

ページの先頭へ